やり直しの家づくり~そして超高気密高断熱住宅へ~

請負契約後に解約、土地も越境でもめる、など波乱万丈の家づくり。それでもようやく出会えた理想の設計士とスーパー工務店。まもなく着工です!

梅雨時の室内環境

そろそろ梅雨も終わりでしょうか?

今年はあまり気温が上がる日は少なかったように思いますが、

一方で毎日のように雨模様で、気分もよくはないですね。

 

さて我が家ではnetatmoを用いて室内の温熱環境を測定しています。

www.taikyu-iedukuri.com

 www.taikyu-iedukuri.com

 

www.taikyu-iedukuri.com

さらにその結果を工務店の担当の方にも見てもらい、

新居の環境をより快適にするために調整を続けています。

 

我が家では梅雨に入りはじめた6月中旬から

暑さと特に湿気のため小屋裏エアコンを24時間連続稼働しています。

目的は室内温度を下げるためではなく、除湿です。

我が家はダクト式第1種全熱交換型の換気システムを採用していますが、

やはりこれだけでは東海地方の梅雨の時期以降の湿度管理は難しいです。

 

なので、工務店の方に教えてもらったように、

除湿に適した、冷房 18℃(~20℃)  弱風

の設定を中心に小屋裏エアコンを連続稼働しています。

 

それで以下がnetatmoで収集した温熱環境のデータをグラフにまとめたものです。

 

期間は

7/13 0時〜 7/20 9時

の約一週間です。

 

まずは気温です。

 

◆気温の推移(7/13 0時〜 7/20 9時)                    

f:id:taikyu:20190720153038p:plain

今週は30度を超える外気温はないものの日内変動はそれなりありますが、

室内温度は25-27度でほとんど安定しています。

 

また不十分な屋根断熱や天井断熱だと二階が熱くなりがちですが、

しっかりと屋根断熱を施工してもらっている我が家では、

小屋裏冷房の効果もあり二階の方が1度強ほど低くなっています。

 

 贅沢な悩みですが、このわずか1、2度の違いで

若干対応に困っていることがあります。これはまた後日。

 

つづいて、湿度です。

相対湿度だと温度が違えば比較ができませんので、

重量絶対湿度で室内外を比較してみます。

 

◆絶対湿度の推移(7/13 0時〜 7/20 9時)          

f:id:taikyu:20190720153014p:plain

明らかに違いますね。

その結果、相対湿度でいうと

 

屋外では 80-90%  の相対湿度の日でも、

室内では家中が 終日 55% 程度

 

で安定しています。

 

おかげで家の中で蒸し暑さを感じたことはありません。

反対にゴミ出しなど、屋外にふらっと出ると

途端に蒸し暑さを肌で感じます。

 

このような結果をみると、

高気密高断熱住宅は寒冷地用の住宅だけでは決してなく、

むしろ東海地方などの地域でも

夏の湿度も含め年中安定した温熱環境を実現するために

適した住宅と考えます。

 

「高気密高断熱だと夏は暑い」

これが間違いであることは住めばわかりますし、

上記測定結果からもわかるのではないでしょうか?

ただし、不十分な屋根断熱や遮熱、不十分な気密の住宅などは話が別です。

 

部材や工法など専門的な知識も大切ですが、

縁あって高気密高断熱住宅に住むことができたので、

住まい手として住んでみてわかったことを今後も報告していけたらと思います。

 

今日もありがとうございました。

 

 
 
↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

6-7月の光熱費

しっかり梅雨ですね。
東海地方の太平洋側である我が家。
非常に湿気を感じる地域です。
そして我が家も除湿を主目的に24時間冷房運転中です。
 
そんな中、電気代 についてです。
ようやく諸々が落ち着きましたので6月分?から報告したいと思います。 
 
まず我が家の光熱費に関わる条件です。
********************************************************** 
〇5人以上の大?家族
〇延床面積 45-50坪
〇日中不在が多い
〇電気ガス併用
〇電力契約(中部電力・スマートライフプラン)
〇給湯器はエコキュート (APF 3.6)
〇断熱・気密性能(Q値 1.08 Ua値 0.27 C値 0.18)

〇東海地方、太平洋沿岸部(温熱区分6地域) 

〇太陽光発電あり(Panasonic 6kw)

〇ダクト式第一種熱交換器換気システム

〇床下エアコン、屋根裏エアコン設置

〇乾太くん頻用(1日2回以上)

**********************************************************

そしてスタンスとしては、電気代をとにかく節約するというよりも

家族が快適に過ごせること、時間を大切にすることを最も重視しています。

 

我が家が契約する中部電力では、締め日が遅く、6月分といいつつ、

6/13-7/10(28日分)と両月をまたぐ形で電気料金が請求されます。

(定義が難しいですね・・・)

 

またガス料金は6/11-7/8 と少しずれています。

 

【6-7月の光熱費】                                   

電気+ガスの合計料金 11,756 円
ガス料金(6/11-7/8)   4,725 円
電気料金(6/13-7/10(28日分))    7,031円
   
買電量(6/13-7/10(28日分))   258kWh
売電量(6/13-7/10(28日分))    495kWh
   
電気使用量(6/1-6/30)    411kWh
発電量(6/1-6/30)    750.5kWh

 

でした。

やや高いでしょうか?

まあ家族構成なども含めるとこれくらいな気もします。

大家族だと給湯量だったり、内部発熱だったりがやはり違いますし、もちろん必要な空間を広げると気積も多くなってしまいますので。

 

中部電力のスマートライフプランは時間帯別で電気料金の単価がかわる契約です。

f:id:taikyu:20190717134056p:plain

f:id:taikyu:20190717134430p:plain

デイタイムとよばれる日中の時間帯(平日の10-17時)は最も電気料金が高い時間帯ですが、この時間帯は毎月3kWh程度しか買電しておらず、自家発電で対応しています。

電気使用量と売電・買電額の1か月を計算する際に、

電力会社の請求とHEMでの月計算がずれているので正確ではありませんが、

ざっくり130-150kWh/月を自家発電で賄っている計算です。

 

また、6月半ばからは梅雨入りのため湿気対策として

24時間冷房にて除湿をしていましたので電気料金はさすがにかかります。

 

さらにガスについては料理もガスコンロですが、やはり乾太くんでしょう。

多い日は1日3回も回します。

毎日2回は回します。

子どもたちは誰かしら、何かしらを出しますので。

おしっことか、鼻血とか、吐物とか・・・。

 

このあたりは節約よりも時間を大切にしている感覚ですね。

小エネ、エコももちろん大切にしたいですが、やはり時間は限られています。

小エネ、エコを大切にするために家の性能にこだわったので大きな方針は揺らいでないです。

家の性能が十分ではないのに省エネ、エコを追求すると、家族の健康や大切な時間を犠牲にすることになります。

 

そうならないように後戻りできない、家の性能にはこだわりたいですね。

 

今日もありがとうございました。

 

 
↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

APW430 ツーアクション窓

梅雨ですね。
庭に植えてあるフェイジョアの木に花が咲いてました。

f:id:taikyu:20190622134215j:plain

水やりの際に見るのが小さな楽しみです。
 
 前回はAPW430大開口スライディング窓についてでした。
今回はこちら、APW430 ツーアクション窓です。
我が家の二階の居室は多くがこれです。
一部延焼ラインにかかるところはAPW330防火窓にしてます。
 
南側の窓はAPW430ツーアクション窓の三連窓です。

f:id:taikyu:20190622134607j:plain

開放感が非常にありますね。

(中央に寄せてあるのはバーチカルブラインドです)
 
今回はこのツーアクション窓の使い勝手についてです。
 
まず開閉についてです。
基本的には通風のために開ける際は
「内倒し」  で使ってます。

f:id:taikyu:20190622134837p:plain

おそらく風量は多くはないと思いますが、防犯性も低くはない開け方で、今の所雨の振り込みもあまり困ったことはありません。
内倒ししたままカーテンを閉める場合、カーテンと接触しうるのでカーテンの選定には少し注意が必要です。
 
続いて内開きです。

f:id:taikyu:20190622134915j:plain

たしかに掃除はしやすいですね。
(まだ掃除をしたことないですが、、、)
あとはより採風がしたい時には内開きしてます。
頭をぶつけそうな点はやや気になります。
 
そしてハンドルです。
APW431大開口スライディング窓もそうですが、やはり閉め切った時の密閉度は違いますね。
ただ、APW431とAPW430ツーアクション窓では微妙な違いが。

f:id:taikyu:20190622135643j:plainf:id:taikyu:20190622135616p:plain

ツーアクション窓は下にするとロック、

大開口スライディング窓は上にするとロックなのです。

この点はなかなか慣れませんね。
間違えてツーウェイ窓のハンドルを上向きにしたまま(内開き可能な状態)にしてしまったこともありました。
 
最後に網戸について。
これはぜひYKKに改良してほしい点ですね。
常に閉めてある状態なので基本は良いのですが、
網戸を開けようと上に引き上げても半分しか上がりません。

f:id:taikyu:20190622140605j:plain

これは掃除しにくいですし不便ですね。
まあ網戸をそもそもつけないという選択肢もありますが、我が家は今の所中間期は窓を開けて外気を取り入れて過ごしているのであってよかったと思ってます。
 
実家やマンション住まいで、引き違いしか知りませんでしたので新鮮です。
 
色々書きましたが、そんなに困ることはなく、
窓の性能をできるだけあげることを考えればもちろんおすすめです。
 
 

↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

APW431 大開口スライディング

梅雨の時期ですが、意外と湿度が上がりきらず、いつ除湿目的の冷房をつけようか迷っている今日この頃です。
エアコンをつけて除湿されている部屋を体感するのが楽しみな反面、
節電のためにできるだけ先延ばしたい思いも。
 
さて我が家では1F南窓はAPW431 大開口スライディングの窓を採用しました。
 

f:id:taikyu:20190614143329p:plain

オーニングも設置したことや、もちろん太陽の南中高度から必要な庇の長さも設計士さんが当たり前のように設計してくれてあることもあり、ガラスは冬の熱取得をできるよう断熱タイプを採用しています。
でこのスライディング窓の使い勝手についてです。
 
打ち合わせの際にはいわゆる当たり前だとの思い込みからくる考えが自分の中でもありました。
 
例えば、
「両側が開くほうがなんとなく便利でしょ」
「両側開かないとなんとなく息苦しい気がするでしょ?」
って思う人がいるかもしれません。(昔のわたしです)
これは、ほとんど引き違い窓しか知らないための思い込みでした。
 
両側が開かなくても全く問題ありませんね。
なのでこの点で引き違いにする理由が全くありません。
 
もちろん、対側もFIXではあるもののガラスなので窓全体の開放感は引き違い窓と全くかわりません。
それに引き違い窓にしても結局開ける側は決まってしまいますしね。
 
次に開け閉めです。窓そのものはトリプルガラスなのでかなり重いはずです。
でも実際に体感すると、サポートハンドルがあるので重さは全く感じず、
非常にスムーズです。
 
どれくらいの重さか。
2歳になったばかりの子が、自分でサポートハンドルを触って
鍵を閉めてわたしをウッドデッキに締め出せるくらいの軽さです。。。
 
ちなみに最初は閉めることしかできませんでしたが、
すぐに開けることもできるようになり、一安心です笑
 
気密性はやはり全く違います。窓を閉めただけの状態からハンドル操作でロックした状態では明らかに差があります。引き違い窓が気密性が高くないのも納得です。
 
デメリットはやはり価格でしょうか。
ただしYKKはAPW430を本州(東北)でも生産していくようですし、また普段からよく樹脂窓を使う建築士さんや工務店であれば掛け率も違ってくるはずです。

taikyu.hatenablog.com

 

余談ですが、、、
我が家は網戸をつけ、クリアネットにしましたが、一つ弊害が。
網戸があるということが分かりにくく、網戸を閉めてないと思い、
ウッドデッキに出る際に思いっきりぶつかってしまいました。
 
私だけでなく子供も何度かぶつかってます。思わぬ弊害ですね苦笑
 
 
窓にこだわるならAPW431、おススメです。
 
 

↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

3ヶ月点検

ついに梅雨入りしましたね。

我が家の子供たちは相変わらず毎朝googleさんに

「OK google, 今日の天気を教えて!」

と聞いてから準備してます。

自分で情報を収集し判断し行動する、この部分に限っては素晴らしい習慣です。

(他はツッコミどころ満載ですが・・・) 

 

さて先日工務店の方が3ヶ月点検に来てくれました。

住み始めると今までと違うことがたくさん出てきます。

ましてやマンション住まいからの転居だとなおさらです。

 

さらに高気密高断熱住宅となると今までの常識?非常識?

とは考え方を変える必要があることを実感しています。

 

さてそれで点検です。

午後から開始、まずは外周りのチェックです。

換気の給排気口のチェックです。

 

ローヤル電機の換気のコントローラーは定期的にオレンジランプがつくそう。

f:id:taikyu:20190614101644p:plain

タイミングよく点検の数日前にオレンジが点灯したのでそれも兼ねてチェック。

f:id:taikyu:20190614102309p:plain

吸気口には虫が結構ついてました。(赤丸部分の中に)

サイクロンフード、役にたってるようです。

 

都市部住宅街で大通りはかなり交通量が多いですが、大通りには面してないので思ったほどの汚れではなかったようで一安心。

 

今回の点検では本来は必要ないはずですが長期優良住宅の点検表を網羅しつつ、

確認いただきました。 

 

一番ありがたかったのはやはり住まい方についてのお話です。

今までの暮らし方と違うことが多くやはり初年度は試行錯誤です。

例えばいつ冷房をつけ始めるか。

 

色々な方のブログを見つつ天気とにらめっこして決めようと思ってました。

ただ当たり前のことを忘れてました。

他の方とは、住んでる地域も違う、日射量も違う、日射遮蔽も違うなど、

個々の家で条件が異なる点が多いため、あくまで参考程度がいいということです。

 

それよりも室内の温熱環境(温度湿度)をどのくらいに設定するか、

実際に測定しながらその基準と住まい手の感覚をすり合わせていくのが大切ということですね。

 

ちなみに凰建設のモデルハウスでは6月最初くらいからすでに24時間冷房を開始しているということでした。(除湿目的がメイン)

 

 

断熱性能を実感したのは小屋裏を点検してもらった時。

当日は屋外で26度強くらいでそこまで暑くありませんでしたが、

小さなFIX窓が一つあるだけの空間。

ひんやり涼しいくらいでした。

担当者もしっかり屋根断熱が効いていると安心していました。

ちなみに我が家の屋根断熱はHGW 300mmを使ってます。

 

で教えていただいた夏の住まい方です。  

 

①換気

小屋裏エアコンを稼働する場合は、小屋裏空間への給気口を開放することで

家の換気量の40-50%?(すみません、正確な数字を忘れました。。)

を小屋裏空間に給気することが可能で、その空気をエアコンが

給気することで最大限に効率を上げることができます。

  反対に小屋裏エアコンを使わない季節はこの給気口を閉じることで

家全体の気積を減らすことができます。

 合わせて、冬用に基礎下に給気される空気は給気口を閉じておきます。

冷気を基礎内に入れて相対湿度が上がるのを防ぐためと、気積を減らすためです。
f:id:taikyu:20190614103626p:plainf:id:taikyu:20190614103737p:plain


風量計がないのでティッシュで代用すると、

f:id:taikyu:20190614104133p:plain

確かにすごい風量ですね。

 

なおこの換気計画は、ダクト式第一種機械換気で省令準耐火構造である我が家に合わせて綿密に計算され計画されたオーダーメイドの換気システムです。

これが計画できる設計士さんや工務店は少ないのではと思います。

ありがたい限りです。 

 

②除湿

第1種換気を導入してる我が家では、除湿を意識しての冷房使用がおススメとのこと。設定温度は18度など低温で弱風に。これで飽和水蒸気量の少ない低温のエアコンであえて結露させ除湿させます。

 

③冷房

夏の冷房の目標室内温度は26-28度が目安とのこと。(個人差あり)

でそのためには23-25度設定、強風の設定が目安とのことでした。

 

④換気量は許容される限り絞ることをおすすめされました。

たしかに、カタログ値の熱交換率は風量が弱いとき(ローヤル電機製だと給排気量の目盛りが最小の1のときの値)です。

なのでとくに夏場は風量を絞ることで湿気の多い外気をできるだけとりこまないようにできる、ということです。

 

このように色々と教えていただきました。

よく考えると、省エネを表面上うたってエアコンを28度に設定にすることを推奨する話が出ますが、これって不思議な話ですね。

実は昔からずっと疑問に思ってました。

 

本来は快適な空間を維持するために推奨される室内温度域があって、

さらにその室内温熱環境を小エネで達成するために断熱、気密、遮熱などを考えて、

そこに適切な能力の設備を選び、設備の運転設定をするのが理想です。

 

なのにエアコンの設定温度だけ一律で夏は28度にって。。。

湿度によっても大きく違いますしね。

 

今後温暖化が進めば同じ28度設定でも今より消費エネルギーは増えてしまいます。

もちろん冬の方が圧倒的に室内外の温度差があり空調の消費エネルギーは多いですが、そもそもの考え方をやはり正す必要がありますね。

 

そんなこんなで担当者を質問攻め(いつもすみません)。

チャットでのやり取りが多いですが、工事が終わってしまうと直接会えるチャンスもあまりないので貴重な時間で、1時間の予定が気づけば3時間以上経過。

本当にお疲れ様です、ありがとうございました。

 

 
↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

高気密高断熱住宅での春、梅雨入り前の過ごし方

異常な暑さの日もありますが、未だエアコンは必要なく、
屋内は26度程度で終日安定しています。
 
先日も子供の運動会がありました。
当日は最高気温28度くらい、晴れでした。
15時くらいに帰宅すると家の中は26度台、窓を開けずに夕方まで過ごしていました。
 
この季節、他のブロガーさんが書かれていますが、
我が家も工務店の担当者からのアドバイスで、
夕方~寝る前、朝と涼しい時間は窓を開けて過ごしています。
さすがに寝るときは防犯のため、2Fの必要最低限の窓をあけて寝ています。
 
我が家は延焼ラインにかからないところは、基本的にAPW430のツーアクション窓を採用しているため以下の画像のように「内倒し」にしています。

f:id:taikyu:20190602164600p:plain

(我が家ではありません)
 
北海道で記録的な暑さだった日の前後、我が家近辺でも日中は外気温32度超えを記録。
夜間でもなかなか気温が下がらず、夕方以降も屋内が28度に。
 

f:id:taikyu:20190602162943p:plain

 快適な温熱環境には当然湿度も影響されますが、
例えば27日、この日は相対湿度は深夜 50%弱、絶対湿度では約12.2 g/kgでした。
 
さすがに28度、相対湿度50%弱、絶対湿度 12 g/kg では寝苦しいですね。
子供たちも夜うなされてました。。。
 
このあたり、天気を見ながら先読みして準備するといいのでしょうが、
住み始めてまだ最初のため慣れません。
しばらくは試行錯誤ですね。
 
工務店担当者の話では、絶対湿度12g/kgを超えるとベタベタしてきたと感じるそうです。
東海地方の太平洋側では、どのタイミングかというと
絶対湿度12 g/kgを超えるタイミングは例年6月中のどこかです。
 
なので今月のどこかで、除湿を目的に小屋裏エアコン冷房+床置きエアコン暖房で家全体で再熱除湿を、さらに気温があれば小屋裏エアコン冷房単独で使用することになりそうです。
 
このあたりも、楽しみですね。
 
今日もありがとうございました。
 
 

↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

乾太くん、大活躍

少し前のことですが長いGWもあった5月、ついに自宅バーベキューデビューしました。狭い庭ですが、ウッドデッキで家族で食事、それだけで美味しく感じました。そのためにこれを用意しました↓↓

f:id:taikyu:20190503154713j:image

早速子供たちからは”もう一回!!”とアンコール、結局連休含め5月に4回も自宅バーベキューしちゃいました(笑)

 

さて今回は洗濯の乾燥に関してです。

我が家は二階に洗濯家事室を設けました。

そこに設置したのが、洗濯機とガス衣類乾燥機の乾太くんです。

f:id:taikyu:20190503155039j:image

 

我が家は共働きです。

と言っても日本では2018年現在で1219万世帯が共働きであり、とくに子育て世代に限ると割合としても多いのではないでしょうか。

そんな共働き世帯の味方が乾太くんです!

 

そんな共働き世帯の心強い味方である乾太くんの、我が家の助かりエピソードです。

 

①大量の洗濯の処理スピードが飛躍的に向上

我が家の洗濯担当はわたしです。

大家族の我が家、子供達の服は毎日砂にまみれてとにかく洗濯物が大量です。

週末には学校や保育園からさらに大量の洗濯物が戻ってきます。

賃貸マンション時代は外干し&浴室乾燥しつつ乾くのを待って洗っていましたが、その進まなさが結構なストレスでした。

それが今は、乾太くんのおかげで処理スピードが飛躍的に向上しました。

例えるとパソコンのHDDとSSDの違い!?(イマイチか、、、)

今は、35分ほどで洗いつつ、50分の乾燥も同時に行うことで一気に片付きます。

週末、朝に洗濯機と乾燥機を二、三周使ってもお出かけ前には完了できます。

さらに雨でも関係ない!ここも重要ですね。

 

あと、布団のシーツ類です。

大物は場所をとるので干すのは大変です。

小さい子がいると、おねしょに吐物に鼻血にと、頻回に洗う場面が出てきます。

そんな時は乾太くんの出番です!

洗濯機と乾燥機を同時稼働できるメリット、そして一時間弱でスピーディーに乾燥できるメリットを最大限に生かしてシーツも布団カバーも、こちらも朝のお出かけ前に乾燥まで完了できます!

 

②干す手間の省略

平日は夜に洗濯後に乾燥機につめこんで乾太くんスタート!

朝まで放置、朝起きて乾燥機から取り出す、という流れです。

洗濯物を乾燥後、朝まで乾太くんの中に放置することについては、メーカーにも問い合わせ問題ないことを確認しています。

これによりとくに靴下や子供のタオルなど小物はドカンと乾燥機に入れればよく、他の服も同様でかなりの時短に。

洗濯機の容量の方が大きいこともあり、

明らかに縮む心配があるものや、化学繊維で薄手ですぐ乾いてしまうものはハンガー干ししてます。

ハンガー干ししたものは乾いたらそのままウォークインクローゼットに持って行ってます。

 

というようにとても便利で重宝しています。

なのでおすすめです。

 

次回は住んでからわかった、乾太くんの気を付けないといけない点についてです。

今日もありがとうございました。

 

 
↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村