やり直しの家づくり~そして超高気密高断熱住宅へ~

請負契約後に解約、土地も越境でもめる、など波乱万丈の家づくり。それでもようやく出会えた理想の設計士とスーパー工務店。まもなく着工です!

選ぶ基準~打ち合わせ~

打ち合わせはどうしても必須です。

とくに建築家や工務店との打ち合わせとなるとより決めることが増え、時間も回数も多く必要です。それが楽しみでもあるのですが、子どももいて共働きで仕事もあってとなるとなかなか都合をつけるのも大変です。

 

 我が家は最初のメーカーでは営業担当の方は信頼できる方でしたが、機械オンチ?でメールも苦手、連絡手段は主に電話でした。打ち合わせも、我が家の都合もあり3-4週間に1回で、その間新たに考え直したことなどもなかなか伝わりきらずいたずらにただ時間が過ぎてしまいました。

大手ハウスメーカーならその点は標準化されていて選択肢が多くはなく2択3択で選ぶので打ち合わせはまだ少なくすむのかなとは思いますが。

 

家づくりをやり直しになったときに、重視した点に連絡の方法と取りやすさがありました。

具体的に今はどうしているか。

LINEやmessengerなどチャットツールを使ってやり取り

しています。

設計してくれた建築士さんとは図面もチャットでやり取りして打ち合わせを前に次々修正を加えてもらっていました。

いまの工務店建築士になって、チャットツールでスムーズに密に連絡がとれるようになってすごくストレスが減りました。

 

でも打ち合わせもとても大切です。

チャットでのやり取りだけではなかなか伝わらないことがあり、直接会うと数分で解決してしまうこともしばしばでした。

 

家づくりを考えるときに、時間がないから忙しいからと大手ハウスメーカーに絞る前に、こういった文明の利器を活用すればまた新たな選択肢がみえてくるのではと思います。

 

読者になる

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村