やり直しの家づくり~そして超高気密高断熱住宅へ~

請負契約後に解約、土地も越境でもめる、など波乱万丈の家づくり。それでもようやく出会えた理想の設計士とスーパー工務店。まもなく着工です!

お風呂の窓あけて換気??

設計してくれた建築士さんから教えてもらいました。

 

これまで賃貸のマンションを転々としてました。なんとなくお風呂には窓がある部屋を選んできました。息苦しくないから??

でお風呂後は窓をあけて換気扇を回してました。

 

これは、間違えでした。。。

 

基本的にユニットバスは気密性が高く、窓を閉めて換気すると室内気がお風呂に入りその後に換気扇から排気される流れになります。それにより数時間でカラッと乾きます。

確かにその通りでした。

以来窓は換気の際は基本開けていません。

建築士さんにも言われました。窓必要ですか?と。

たしかにあってもユニットバスならFIX窓でもいいのかもしれませんね。

 

そして浴室暖房乾燥機。

築浅の賃貸物件ではほとんどついているような気もします。

たしかに便利ですね。

でも乾燥能力、消費電力を考えるとあまりお勧めはできません。

またとくに冬は乾燥しているのに、お風呂の湿気を捨てるのはももったいないですしね。

 

そうなるとやはり家を高気密、高断熱にして換気計画をしっかりするのがベストですね。

日常で当たり前のようにしていることも、家の性能がかわると大きく生活がかわるのですね。完成が楽しみです☆彡

 

読者になる

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村