やり直しの家づくり~そして超高気密高断熱住宅へ~

請負契約後に解約、土地も越境でもめる、など波乱万丈の家づくり。それでもようやく出会えた理想の設計士とスーパー工務店。まもなく着工です!

土地の探し方③~メーカーを先に決める?それとも土地を先に探す?~

いよいよ上棟が迫っています。

天気がいいことを祈るばかりです。

 

それで土地探しについて。

メーカーを先に決める?それとも土地を先に探す?

です。

とくに人気エリアで家を建てる場合は条件に合う土地がいつ出てくるかわかりません。

なので個人的な結論としては、

同時にはじめる

のがいいのかなと思います。

 

①メーカーを先に決める

<メリット>

・家づくりのプロが味方で心強い。

・土地のよしあし、とくにそのメーカーの家づくりに合うかどうかという目線でも見てもらえる。

・土地もメーカーが探してくれる。

・ローンや契約など窓口が一本化できるためシンプルでわかりやすい。

・価格面でメリットがある!?

<デメリット>

・選ぶ土地の制約をうける。

・メーカーを変えられない。

 

②土地を先に探す

<メリット>

・メーカー、工務店に縛られずに広く探せる。

・土地探しに早く着手すれば、いい物件を逃さなくていいかもしれない。

<デメリット>

・土地探し、契約など自分ですべて行わないといけない。

・自分で探すため、条件の悪い土地をひいてしまう可能性がある。

 

およそこのような感じでしょうか。

自分でかいていてもメーカーを先に決めた場合の方がメリットがありそうに見えますね。

でも請負契約までして解約を経験した身としては、

土地をメーカーに探してもらっていたらと思うとゾッとします。

 

メーカーに探してもらって、土地は気に入ったけど建物はやっぱり違うメーカーに変えたいと思ってもほぼ無理でしょう。

土地をあきらめるか、我慢してそのまま建てるかです。

 

家づくりを始めると、時間とともに知識も増え、自然と目も肥えていきます。

最初に決めたメーカーに違和感を感じる、

これは実はよくあることなのではと思います。

 

私も当初は「和モダン」や「無垢材をたくさん使って」などのイメージばかりが先行し、温熱性能など全くわかっていませんでした。

かっこよさそうなのでQ値とかC値とかよく意味も分からず言ってましたが。

でたいてい大手メーカーの営業さんにはうまく丸め込まれてました。

 

あとはメーカー、工務店、建築家を先に決めても自分で土地を契約するのもありかもしれません。そうすることで土地のよしあしのアドバイスをもらいつつ、ある程度の自由度もあるし、ちがうメーカーに変えることもできますし。

 

それで改めて結論です。

やはり、

「メーカー探しと土地探しは同時にはじめる」

これかなと。

 

でやっぱり不安だから、

そんなときは第3者機関がとっても頼りになります。

もちろん報酬を払って手伝ってもらいます。

それでも、もとは十分にとれてると思います。

 

↓↓↓ よろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村